カメラマンで頑張る日々の記録


by 3uzlqyzfw0

都庁職員、酒酔い運転で高速の側壁に衝突(産経新聞)

 県警高速隊は5日、道交法違反(酒酔い運転)の現行犯で、戸田市新曽、東京都庁職員、佐藤英幸容疑者(47)を逮捕した。

 調べによると、佐藤容疑者は5日午後6時55分ごろ、さいたま市桜区町谷の県道高速さいたま戸田線下り線で、酒に酔って乗用車を運転し、右の側壁に衝突する事故を起こした。

 高速隊によると、佐藤容疑者の呼気1リットルあたり0・85ミリグラムのアルコールが検出された。「自宅で飲んだ」などと供述しているという。

【関連記事】
女性20m引きずり死なせた職安職員を懲戒免職 大阪
大阪市職員61歳、ガム噛み窓口対応 厳重注意処分
異例の懲戒免職2回目 また飲酒運転発覚
勤務中に飲酒の職員を減給 帰宅時の運転は不問
酒気帯び運転で署の朝礼出勤、交番所長を訓戒 山口

「やまゆき」堺泉北港に入港 7日、一般公開(産経新聞)
天皇陛下、風邪や腹痛などで葉山静養取りやめ(読売新聞)
地位協定見直しを要請=沖縄中部市町村会(時事通信)
<衆院予算委>公共事業の実施場所資料、国交相が提出拒否(毎日新聞)
「冷静に見守ることが大事」 与党内の小沢氏「けじめ」論に鳩山首相(産経新聞)
[PR]
by 3uzlqyzfw0 | 2010-02-09 07:22